アクセス解析
2010年10月15日

せどってみます?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 03. BOOK

大金持ちも驚いた105円という大金


大金持ちも驚いた105円という大金


元マイクロソフト社長にして、インスパイア創業者の成毛氏がブログで紹介していた本。予備校の講師をしていた人が、ローン返済のために手持ちの本をアマゾンのマーケットプレイスで売ったことをきっかけに「せどり」をはじめ、1年で月商100万を越すようになった様を書いた本。


著者は予備校の講師であるとともに、過去に何冊も本を出版しているだけに非常に文章が上手く、著者が借金で苦しんでいることが読んでいる人に重苦しい感じを与えることもなく、かといって、この手の本にありがちな「こうすれば儲かる」的な煽りや自慢があるわけでもなく、非常に読みやすい感じの文章となっています。


「ベストセラーは売れない」「書き込みOK」などといったせどりの知識だけでなく、パソコンに詳しいわけでもない58歳のおじさんが、こつこつと1冊数百円(たまに数千円)ずつの利益を得ながら、月商100万を越すようになった過程がいろいろと書かれていて非常に面白かったです。


これだけ詳しく書いてあると自分でもやりたくなる人がいると思いますが、思っている以上に大変だし、時間と資金をある程度使わないととても大きな売上に持っていくことは難しいので、専業でできない人はせいぜい月5万~10万ぐらい(運がよければ30万ぐらい?)しかいけないのでは?ということ。それに孤独な作業なので、特に若い人はしない方がよいと思うといったことも・・・。


ま、いろいろと役に立つことが書いてあるし、面白い本だと思いました。



2010年3月24日

テルマエ・ロマエ読んだ。

テルマエ・ロマエ
ヤマザキマリ
テルマエ・ロマエ


マンガ大賞1位に選ばれたという「テルマエ・ロマエ」を早速読んでみました。


古代ローマの風呂設計技師が現代日本にタイムスリップして日本のお風呂やお風呂の習慣などにビックリして、自分の設計に取り入れる・・というお話。シンプルなのに、なぜか面白い、そんなマンガです。しかし、お風呂だけでここまでいろいろな話が出来るとは・・なかなか着眼点がグッドな作品だと思います。


しかし、マンガ大賞の1回目の1位は「岳  みんなの山」(小栗旬・長澤まさみで映画化決定)という山登りの話だし、第2回目は「ちはやふる」という競技カルタの話だし、今回の「テルマエ・ロマエ」はお風呂の話だし、日本のマンガって言うのはホントに幅が広いなあ。まず、他の国ではこういう部分に着目してマンガを作ろうという人はいないんじゃないかな?(マイナーな分野を映画や小説にしようとする人はいるかもしれないが、さすがに「風呂」はないだろう。)


聖☆おにいさん」をはじめ、日本でしか作りえないマンガはたくさんあるが、こういう話がどんどん増えるのは漫画好きとしては実に喜ばしいことです。


2010年3月18日

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら

もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
岩崎 夏海
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら


クローズアップ現代で取り上げられて、早速、アマゾンのランキングで1位を獲得している本。作者がこの本を書いた理由が、オンラインゲームで集まっている仲間を上手くまとめられなかったときに、ドラッカー本を読んで「組織には困った奴がいるけれど、それを排除するのではなく、長所を見つけ出して組み合わせるようにすれば良い、人は財産なのだ。」ということ気がついた結果、バラバラに動こうとする仲間がまとまるようになったのがきっかけだそうな。個人的にはその辺が面白かったが・・。


ドラッカーといえば非常に良いことを書いているわけで、身近なところでも役に立つ話も多いわけだが、ビジネス書でしかもけっこうそれなりの厚さがあるだけに避けている人も多いと思う。こういう本をきっかけに入ってみるのも良いかもしれない。


・・・そのうち、「女子高生がカーネギーの『人を動かす』を読んだら」とか、そういった本がどんどん出来そうな気がします・・。


(関連リンク)
・ピーター・ドラッカー語録
・鈴木敏文語録
・顧客創造型


(関連本)
マネジメント - 基本と原則
P・F. ドラッカー
マネジメント - 基本と原則  [エッセンシャル版]


女子高生ちえの社長日記―これが、カイシャ!?
甲斐莊 正晃


女子大生会計士の事件簿
山田 真哉


このカテゴリの以降の記事一覧

2009/06/29
焼肉屋は食べ放題なのになぜ儲かるのか?
2009/06/05
行列ができる店はどこが違うのか?
2008/02/26
「食い逃げされてもバイトは雇うななんて大間違い」読んだ
2008/02/16
「チーム・バチスタの栄光」読んだ
2008/01/30
「心のブレーキの外し方」読んだ。
2007/10/29
「夢をかなえるゾウ」読んだ。
2007/08/02
オシムから見た日本人
2007/07/05
2ちゃんねるはなぜ潰れないのか
2007/06/18
絶対に失敗しないビジネス経営哲学
2007/05/11
正しいかどうかより、楽しいかどうか
2007/05/08
起業家精神とは何か
2007/05/08
食い逃げされてもバイトは雇うな
2007/03/02
ピンクの猿を絶対に思い浮かべないで下さい。
2007/02/10
人を騙す「6つの原理」
2006/12/04
スピリチュアルにハマる人、ハマらない人
2006/10/14
若者はなぜ3年で辞めるのか?
2006/06/02
陰日向に咲いちゃった。
2006/05/13
企業価値を調べる
2006/04/06
環境を少し変えると人の動きも変わる
2006/02/16
ウェブ進化論読んだ。
2006/02/15
加藤淳の本、フォッ、フォッ、フォッ
2005/12/26
時代はスピリチュアル?
2005/11/11
人を動かす技術
2005/10/17
あなたは「下流社会」「上流社会」どちらがお好み?
2005/08/06
プロ経営者の条件
2005/07/30
チャンス!
2005/07/09
よくよく考えてみると・・・
2005/07/03
夢設計図でスピード成功!
2005/06/08
最近読んだ本など・・
2005/05/31
正義のマーケティング
2005/05/26
起業なんか絶対するな!?
2005/05/07
PLUTO (2) も読んだ
2005/04/20
渋谷社長本
2005/04/13
印税計算?
2005/04/12
さおだけ屋はなぜ潰れないのか?
2005/02/19
ブログ関係本を紹介してみる。
2005/02/09
流行る店
2005/02/03
人生はわからない
2005/02/02
対岸の彼女
2004/12/07
魔法の杖の力
2004/11/25
情報の活用力
2004/11/24
起業のマネジメント
2004/11/23
ヒロシです
2004/11/20
メガベンチャー
2004/11/19
ロジカルシンキングを身につけろ!
2004/11/04
101人の起業物語
2004/10/18
写真の中の自分と鏡の中の自分
2004/10/09
「力」と名の付く本
2004/10/04
バフェットからの手紙
2004/09/25
またしても堀江社長の本
2004/09/21
ビジネスと科学
2004/09/06
儲かる会社のつくり方
2004/08/21
世界は広い
2004/08/19
ダライ・ラマの般若心経
2004/08/09
幸運をつかむには?
2004/08/09
本を読んで過ごす
2004/07/09
遊ばざるもの働くべからず。
2004/07/08
一瞬ノスタルジーを感じる本
2004/07/05
裏帳簿作ろうぜ!
2004/06/21
通販生活のボスの本
2004/06/04
ついでに、ツキまくってみました。
2004/06/01
儲かるを1000回唱える
2004/06/01
バシャールでごしゃーる
2004/05/24
100億稼ぐ男が教える年収1000万越えの仕事術
2004/04/21
二重帳簿がいるなあ
2004/04/18
浜崎あゆみ、柴崎コウに似てる人
2004/04/12
「映像の原則」(富野 由悠季・著)から学ぶ人間の心理
2004/04/11
ベッカムやイルハンみたいなイケメンじゃなくてゴメンなさい。
2004/04/09
到来する洗脳社会