アクセス解析
2010年8月31日

船越英一郎が顔面マヒで休業

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 18. 顔面神経麻痺
俳優の船越英一郎(50)が末梢(まっしょう)性顔面神経マヒを患い、休業していることが30日、分かった。31日発売の「週刊女性」が報じている。船越は今年2月に妹を自殺で、7月には母親を肺がんで亡くしたばかり。顔面マヒの原因は不明だが、ストレスの可能性もあり、心労がたたったようだ。ただ、9月上旬には復帰できる見込み。


顔面神経麻痺仲間が増えた・・・って、喜んでる場合じゃないが。私の場合もそうだったけれど、発症すると、鏡で見たとき、すんごいヒドイ顔になる。大丈夫なんだろうか?このまま全く治らなかったらどうしよう?と結構不安になる病気であります。


私が発症してからもう4年半も経ちます。早っ!針治療を受けること百数十回。でも、完治はしていません。いまでも疲れたりすると、顔の右側が動かしにくくなるし、涙があふれてきたりすることもあります。昼食を食べた後、10分ほどうとうとすると、口の右側に深いシワのようなものがくっきりとできたりすることもいつものこととなりました。ま、日常的には外から見てもそれほど目立たなくはなっているとは思いますが。


船越英一郎の場合は、妻の松居一代も以前に顔面神経麻痺を発症していて、しかも、完治させているので、対策はとりやすいでしょう。この病気は早めに動いた方が完治する可能性が高くなるようです。私の場合のように、病院の先生ですらいまいちよくわかっていなくて、説明が不足していたら、病院からもらう薬だけでは完治が難しいということに気がつかずに、針治療などの対策を始めるのが遅れるだけに気を付ける必要があるかと思います。


一応、顔面神経麻痺仲間としては、お早い回復をお祈りする次第であります。



2010年1月15日

顔面神経間発症からはや4年。

なんと、もう4年。時が経つのはいつものことながら早い。


3年目のときも書いたとおり、完治せず。途中で治りきらないままの状態なので、もはや針治療も治すためというより、悪化しないために受けている感じです。去年も2、30回以上は受けたような気がしますが・・・なんということか。


ま、気長に付き合っていくしかない。前向きに頑張っていきたいと思います。


・・・しかし、時の経つのは早い。きっと客観的に見れば、そこそこレベルアップはしているのだろうけど、自分自身が大して進歩していないような気がしてならない・・・もうちょっと頑張らねばと思う次第。


2009年3月 9日

針治療101回目が終了。

うっ。気がついたら針治療を最初に受けてからついに100回を越え、101回目が終了していました。


以前はかなり遠くまで通っていたが、今年からは近所に見つかった新しい個人医院に通うようになったので、通院の負担は恐ろしく減ったので、その分、行く回数が増えている。さすがに3年も経ったので、もういくら治療を受けても良くならないかと思っていたが、意外と微妙ながらも変化はあるようだ。


ま、あとどれぐらい受けるかわからないけれど、少しでもよくなってくれれば・・・・と思う次第であります。


長生き健康「鍼」 ―鍼13本! 病気にならないための鍼灸医学


長生き健康「鍼」 ―鍼13本! 病気にならないための鍼灸医学


このカテゴリの以降の記事一覧