アクセス解析
2004年5月19日

拷問とes

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 02. 心理 , 15. 雑記1

アメリカ兵がイラクの刑務所でおこなった拷問は、映画「es」でも有名になった心理実験の結果と酷似しているそうだ。
 
映画「es」で有名になった実験とは、1971年、米スタンフォード大学心理学部で行われた実験で、普通の人が特殊な肩書きや地位を与えられると、その役割に合わせて行動してしまうことを証明しようとした実験のこと。
 
新聞広告などで集めたごくごく普通の大学生などを20人を、「看守役」11人と「囚人役」10人の2つの役割にグループ分けし、それぞれの役割を、実際の刑務所に近い設備を作って演じさせたところ、時間が経つに連れ、看守役の被験者はより看守らしく、囚人役の被験者はより囚人らしい行動をとるようになるということが証明された。
 
ただ、実験は、それだけでは収まらず、次第に看守に分けられたグループがより攻撃的な行動が目立つようになり、囚人に対し侮辱的な発言、暴行が多くなっていったために、一週間経たずに中止に追い込まれ、その後、訴訟沙汰にまで発展することになったという。
 
つまり、強い権力を与えられた人間と力を持たない人間が、狭い空間で常に一緒にいると、次第に理性の歯止めが利かなくなり、暴走してしまうということだ。しかも、もともとの性格などとは関係なく、役割を与えられただけでそのような状態に陥ってしまうわけ。
 
今回のイラクでの拷問・虐待事件はまさにこれと同じではないか、とのこと。人は私たちは社会の中で父親、母親、子ども、恋人、社長、社員、先生、生徒、男性、女性・・など、常にに何らかの「役割」を演じているわけだが、少しボタンが掛け違えば、こういった事件が起こる。
 
「現場の人間が暴走した。」「いや、ラムズフェルドが指示したからだ。」などいろいろなことがいわれている事件ではあるけれど、人間は環境しだいでいつでも暴走しかねない因子を抱えている。こういった事実はしっかり認識しておく必要があるのではないだろうか。
 
(関連記事)
心の栄養
男と女の脳構造の違い
人が人を批判する理由。
 

cover



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/73
トラックバック

» メルマガ:勝ち組だけが知っていた!
心理学マーケティング 黄金の法則
from 勝ち組だけが知っていた!心理学マーケティング 黄金の法則
今さら値下げなんかするな!無駄にお願い営業もするな!人の心理を理解していないと地獄に落ちる!いよいよ公開。 成功しているサイトオーナーが実は密かに行っている心理学を使った売れるサイトの作り方とは?男女の脳構造の違いから学ぶ人間関係構築術とは!? 心理学マーケティング 黄金の法則"target="_blank">[続きを読む]

Tracked on 2004年12月10日 16:50