アクセス解析
2004年5月10日

Winny開発者逮捕

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース

Winny開発者を逮捕へ 京都府警、30代東大助手 国内初
ファイル交換ソフト:ウィニー「開発者」異例の逮捕
 
ムム、ソフト開発者が著作権法違反ほう助容疑で逮捕されるとは・・・。
 
そんなことができるのだろうか?逮捕はしてみたけど、結局、有罪にはできず放免ってことになったりしないのか?この事件の今後が気になる。
 
なお、うちの近くの本屋はWinnyとWinMXの解説本がいまだ、目立つところに平積みされているのだけれど、あれは問題ではないのか・・?
 
(追記)
Winnyの作者は金子さん、なんだそうです。思いっきりニュースで顔が出ていました。
 
作者のサイト
Kaneko's Software Page
UNTROD, Inc. Official Web Site - 会社概要 - メンバー紹介
 


P2Pファイル交換ソフトWINNY作者、逮捕へ?
Winny開発者逮捕へ 京都府警
Winny開発者逮捕で東京大学がコメント発表
われわれはWinnyのすべてを解き明かした
Winny逮捕者祭まとめ
Winny事件公判
京都府警からWinny経由で犯罪被害者情報流出
京都府警、ファイル交換ソフト「Winny」ユーザー2名を逮捕
2ちゃんねる発のファイル共有ソフト「Winny」公式サイトが閉鎖
史上最悪のウイルス「キンタマ」で神降臨
ファイル共有ソフト自体は、悪くはないと思うのだけど・・・
光接続時代のプロバイダーの悩み
P2P関係
 
(追記2)
ちなみに、日本では逮捕・起訴=有罪というイメージが強いけれど、当然のことながら判決が下りるまで有罪か無罪かはわかならい。
 
まず、その訴えが正しいのかどうなのか事実の確認・認定が行われ、次にそれが事実ならどの程度の損害が発生したのか、どの程度の刑罰を与えるのかを判断した上で、判決を下す。
 
今回の件で言うと、まず本当に「著作権法違反幇助」が成立するのかどうかがまず争われる。仮に、著作権法違反幇助が成立するなら、次に、どの程度の被害が発生し、どんな量刑をあたえるのかを決める。
 
当然、「著作権法違反幇助」が成立しなければ無罪だし、「著作権法違反幇助」が成立しても罰金10万円とかだったら、有罪は有罪でも事実上の無罪ということになる。
 
さあ、果たして、どうなるのか?



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/60
トラックバック

» 京都府警はやりすぎだ。ここまでして予算と名誉が欲しいのか? from なまずブログ - kiraraさんのブログ - なまずの独り言(namazu's weblog)
どこまで問えるソフト開発者の責任 ウィニー逮捕の波紋 (asahi.com) とうとう禁じ手をやってしまったようだ。 作者までも捕まえてしまったのだ。 京都府警といえば、 [url=http://www.namazu.cc/modules/weblog/details.php?blog_id=125]京都府警からWin... [続きを読む]

Tracked on 2004年5月10日 22:42

» 京都府警はやりすぎだ。ここまでして予算と名誉が欲しいのか? from なまずブログ - kiraraさんのブログ - なまずの独り言(namazu's weblog)
どこまで問えるソフト開発者の責任 ウィニー逮捕の波紋 (asahi.com) とうとう禁じ手をやってしまったようだ。 作者までも捕まえてしまったのだ。 京都府警といえば、 [url=http://www.namazu.cc/modules/weblog/details.php?blog_id=125] 京都府... [続きを読む]

Tracked on 2004年5月10日 22:45

» winny関連で一番儲かった会社 from CROSSBREED クロスブリード!
47氏、タイーホですね。 まさかまさかの逮捕劇。某掲示板はイラク人質事件以上の盛り上がりを見せています。 前回の騒動では47氏の処置は家宅捜索だけで済んだ事で、某ダウソ板の住人の方々は ・家宅捜索は逮捕とは違う・47氏はジャスラックに引き込まれるのではないか... [続きを読む]

Tracked on 2004年5月11日 00:40

» さて次はどうしましょうかねえ from はいぱ のどしゃめしゃ日記
いやいや、とうとう47氏がぱくられちゃいましたねえ これからどうなるんでしょうか といいつつもP2P技術はこれからも間違いなく発展する技術であることは間違いなく、まあその発展途中に咲いた徒花だったんだなと思います。 でも、これから僕の裏ビデオコレク [続きを読む]

Tracked on 2004年5月11日 08:47