アクセス解析
2004年5月17日

ちょっとトリビア

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 11. 雑学

1.南無妙法蓮華経とか南無阿弥陀仏とかの「南無」は、サンスクリット語だったか、パーリー語だったかで「ナァム」(信じる)という意味。
 
つまり、「南無妙法蓮華経」とは、妙法(仏の教え)であるところの蓮華経を信じます、という意味。
 
2.「traditional」(伝統的な)の「trad」とは、もともとラテン語で「裏切る」という意味。
 
つまり、伝統とは親方から受け継いだ技術を使って、親方を裏切ること(別のものを創り出すこと)という意味。受け継いだものをただひたすら守ることは、「伝統を守る」ということにはならない。
 
3.忠臣蔵で、赤穂藩藩主浅野内匠頭長矩が吉良上野介を斬りつけたところは、一般に「松の廊下」だといわれているが、本当は何もない白い障子の廊下で斬りつけられた。
 
事件の7年後に、歌舞伎などの劇にする際に、白い廊下ではいまいちぱっとしないから、という理由で演出上、「松の廊下」に変えたのが、知らない間に歴史的事実であると勘違いされるようになった。
 

(今日の一言)
鳴かぬなら、俺が泣くぞコラ、ホトトギス



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/68