アクセス解析
2004年9月 8日

まぐまぐでアマゾンの広告を使う方法。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 08. WEB

まぐまぐで、メルマガを発行している場合、独自の広告を載せることは現在何の問題もなくできるが、広告会社のシステムを使った広告、たとえば、アフィリエイトプログラム(成果報酬型広告)などの広告は、A8ネットなど、限られた会社の広告しか載せられない仕組みになっている。

最近、アマゾンのアソシエイト広告も載せることができなくなったそうだ。「http://~」の「:」が自動的に削除されるので、書評を書いているメルマガなどは大打撃を受けるのでは、と一部で騒ぎになっていました。

しかし、実際のところ、これは簡単に回避できます。

例えば、直接アマゾンのページに飛ばすのではなく、一旦、自分のホームページに誘導して、そこからアマゾンのページに飛ばすという方法です。

1.メタタグの部分に、

<META http-equiv="refresh" content="時間; URL=http://blog.d-fantasista.net/">

と書き込む方法。「時間」のところに、何秒で飛ばすかを書く。「URL=」の右部分に飛んでいくページのアドレスを書く。

例:<META http-equiv="refresh" content="3; URL=http://blog.d-fantasista.net/">

2.ジャバスクリプトを使う方法

<SCRIPT language="JavaScript">
  <!--
  tid = setTimeout("location.href='URL'",時間  )
  //-->   
</SCRIPT>

上と同じく、「URL」に飛ばすページ、「時間」のところに数字を入れる。

例:
<SCRIPT language="JavaScript">
  <!--
  tid = setTimeout("location.href='http://blog.d-fantasista.net/'",3  )
  //-->   </SCRIPT>


これらを書き込んだページを作って、メルマガから一旦、そのページに誘導する形を使えば、アマゾンの広告もメルマガで普通に使えるようです。

ちょっとした豆知識。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/289