アクセス解析
2004年9月29日

ダンス教室の「演奏権」侵害認める 最高裁

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース
日本音楽著作権協会(東京都渋谷区)が名古屋市など7カ所の社交ダンス教室に、教室で使った音楽使用料の支払いなどを求めた訴訟で、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)は28日、教室側の上告を退ける決定を出した。著作権法で保護されている「演奏権」の侵害を認め、教室側に音楽使用差し止めと過去10年分の使用料約3640万円の支払いを命じた名古屋高裁判決(今年3月)が確定した。

どんどんと厳しくなりますね、音楽著作権。

でも、過去のクラッシックとかなら使えたりするので、これを利用して平原綾香みたいに新しいことをするのはありかもしれません。クラッシックの名曲をダンス用にアレンジする人はいないでしょうか。(あ、アレンジしたら、別の著作権が発生するではないか!)



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/322