アクセス解析
2004年10月18日

魚よく食べる人、自殺しにくい?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース
魚をよく食べる人は、そうでない人より自殺のリスクが低い〓。こんな研究結果を富山医科薬科大と中国・大連医科大の共同研究チームがまとめ、米国の医学専門誌「バイオロジカル・サイカイアトリー」に発表した。
 
  ホンマかいな?でも、結構面白い視点の研究ですね。
 
ただ、子供がすぐにキレる理由は、親が子育てをしなくなったからか、核家族化が進んだからか、地域社会のつながりが弱くなったからか、テレビゲームばかりして外で遊ばなくなったらか、硬いものを食べなくなって咀嚼(噛む)回数が減って脳に与える刺激が減ったからか、環境ホルモンや食品添加物によって脳の発達が遅れたからなのか、それともそれらが複合的に影響した結果なのかが、どれが原因なのかがはっきりわからないのに、すぐに「テレビゲームこそが諸悪の根源だ」という人がいるように、人が自殺をする理由が、「魚を食べなくなったからだ」という原因に終わってしまったりしないことを祈ります。
 
でも、やっぱり、これは面白い研究結果ですね。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/352