アクセス解析
2004年11月16日

「速さ」の心理学

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 02. 心理

休日などに車を運転しているとき、よく渋滞につかまったりするのですが、そんな時、特に急いでいるわけでもないのに、地元の知っている道だとすかさず裏道に入って近道をすることがよくあります。
 
実は、この「別に必要性もないのに、先を急ぐ」という行動。あまりにも一般的に過ぎて誰も気に留めていなかったと思いますが、実はこれって、狩猟採集時代から受け継いだ人間の本能によるものなのだそうです。
  
 


人は、狩猟を行っていた時代、獲物を捉えるため、もしくは、天敵から身を守るために、常に迅速に動く必要がありました。そのため、意味もなく先を急ぐようになり、それが現代になっても本能の一部に引継がれているので、このような行動をとるのだそうです。
 
一方、女性は道が込んでいても、無理に近道をしようとする人は少ない、とのこと。
 
これは、狩猟採集時代、「家庭」を守る役目を担っていた女性にとってもっとも重要だったことが「安全」「安定」であったために、無理をして先を急ぐよりも、より「安全」「確実」な方を選ぶ、というプログラムが女性の脳に組み込まれているために、このような行動をとるのだそうです。
 
人は自分が意識しないところで、行動をコントロールされていることがある、というわけですね。
 
そこで、この心理、というか本能の性質をマーケティングに応用すると、男性に対しては「スピード」を強調、女性に対しては「安全性」「確実性」を強調した方が効果が高くなるのでは、という仮設が成り立ちます。
 
例えば、男性に対してアプローチする際、
「他社よりも早く納入できます。」
「急に必要になった商品も、すぐにお届けします。」
「30分以内に届けなかったら、お代は要りません。」
 
などと、「速い」「早い」ことをPRすると、効果が高くなるのではないでしょうか?男性にとっては、意味はなくても、とりあえず「速いこと」「早いこと」は良いことなので、アピール度は高くなると思います。
 
人の心理や本質が見えてくれば、それに応じた対応がしやすくなりますよ、という話。
 
(今日の一言)
「○○の心理学」というお題で話を書こうと、題材をピックアップしていったらあっという間に30以上の題材が思いついたのですが、いざその題材で文章を書こうとすると、止まってしまいました。意外と、難しい。
 
一つ目で、すでにかなりギブアップ気味の状態です。果たして、次はあるのか?


この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/400
トラックバック

» メルマガ:勝ち組だけが知っていた!
心理学マーケティング 黄金の法則
from 勝ち組だけが知っていた!心理学マーケティング 黄金の法則
今さら値下げなんかするな!無駄にお願い営業もするな!人の心理を理解していないと地獄に落ちる!いよいよ公開。 成功しているサイトオーナーが実は密かに行っている心理学を使った売れるサイトの作り方とは?男女の脳構造の違いから学ぶ人間関係構築術とは!? 心理学マーケティング 黄金の法則"target="_blank">[続きを読む]

Tracked on 2004年12月10日 16:50