アクセス解析
2004年11月22日

ドラえもんの声が交代へ 来春、大山のぶ代さん降板

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース
テレビ朝日系の人気アニメ「ドラえもん」で四半世紀にわたってドラえもんの声優を務めてきた大山のぶ代さんら主な声の出演者5人が来春、降板し、若手と交代することが21日明らかになった。

 後任の人選が進行中で、交代決定を受け入れた大山さんは「テレビ放送から25年がすぎ、ちょうどよい交代の時期。遠い未来までずっとずっとみんなに愛される『ドラえもん』であってほしい」と話している。

 「ドラえもん」はゴールデンタイムに2けたの視聴率を取る同局の看板アニメ番組。原作者の藤子・F・不二雄氏が「ドラえもんはこういう声だったんですね」と認めるほど、大山さんらははまり役で、人気の原動力になっていた。

「ルパン三世 風魔一族の陰謀」 というアニメがありまして、このアニメ、声優が全員聞きなれたルパン三世の声優ではなくて、別の声優が演じていたのですが、それはそれは強烈な違和感がありました。声が違うだけで全く別のアニメのように感じてしまったものです。

ただでさえ、強烈な特徴のあるドラえもんの声が変わってしまったら、その衝撃はとてつもないものがあるでしょう。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/413