カ テ ゴ リ ー ∵ HOME マーケティング 心理 言葉 テンプレート ジョーク
               BOOK 意外と読める記事 雑学 ○○が人気! すごい職場の活性法
2004年12月28日

お年玉の由来

カテゴリー : 11. 雑学

年末だけにお正月トリビア。
 
・「お年玉」とは、もともと「お年魂」と書き、餅を配るものであった。
 
餅は毎日食べることで活力を与えてくれるため、「人の命そのもの」であると考えられており、来年も一年、元気でいられるようにという願いを込めて、渡すものだったという。
 
「鏡餅」や「雑煮に餅をいれる」という習慣はその名残なのだそうだ。
 
正月に庄屋や地主が、小作人等に餅を配ったのが今のお年玉制度の由来では?と考えられている。 
  
 
 
・お年玉を入れる袋のことを「ポチ袋」というが、この「ポチ袋」の「ポチ」とは、「これっぽっち」という言葉などに使われる「ぽっち」や「ぽち」からきているのだそうだ。
 
「ほんのわずかな金額」を入れたもの、を指すのだという。
 
元々は、芸妓さんなどに渡すご祝儀のことを意味していた。
 
「お年玉を入れる袋」の意味として使われ始めたのがいつ頃なのかは不明である。
 

(今日の一言)
ところで、お年玉を子供に渡し始める時期って、だいたい、いつ頃なのでしょうか?
 
社会人になって収入があるようになったら、渡すものなのでしょうか?
 
自分が結婚して家庭を持ったたときに、渡し始めるものなのでしょうか?
 
自分の兄弟・友人などが結婚して子供が出来た時に、渡し始めるものなのでしょうか?
 
自分に子供が出来た時に、渡し始めるものなのでしょうか?
 
人それぞれだとは思うのですが、一般的には、だいたいいつ頃渡し始めるのでしょう?
 
ちょっと気になる・・・。

 

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ POSTED BY  okmt
トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/458
トラックバック

» お年玉の由来 from @心のままに@
いま、TVでやってたネタから・・・ 歳神のはからいで人は年齢を一つ増やします。 新しい歳を生きるための生命エネルギーを 歳魂(としたま)と呼びますが、 これを形にしたものが餅なのです。 古くは小さな丸餅を家族の数だけ神棚に供えて、 これを降... [続きを読む]

Tracked on 2005年1月 3日 17:45
コメント
コメントする








名前、アドレスを登録しますか?