アクセス解析
2005年1月24日

士モールが流行るのか?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース

今日の日経新聞に、「士モール」の記事。
 
「士モール」とは、弁護士、税理士、司法書士・・・など「士」がつく職業の人が一つの建物に集まった物(共同事務所のようなもの)のこと。本来なら個別に開業することが多かった皮膚科医や眼科医、歯科医などそれぞれの専門医が、一つの建物に共同で入ることによってワンストップチャンネルを目指した「医療モール」に倣って、作られたものだそうだ。
  

今、世の中では会社に属さずに生きていこうという流れが一部で出来つつある。だが、1人や数人では出来ないこともたくさんあるのが実情だ。
 
そういう中では、こういった共同で問題を解決したり、プロモーションを行ったり、一緒に事務所を構えたり、ということはまず増す増えていくだろう。そういう点で、この「士モール」という物が作られる、という流れは当然の流れだといえるかもしれない。
 
しかし、これは一歩間違えると、廃れる一方の地方の商店街みたいなことにもなりかねないわけで。だから、単にいろんな職業の人が集まりました、だけではダメで、今後は集まったことによって新しいものを作ったりする、それなりの工夫が必要になるだろう。・・・まだ、そこまで考えている人たちはあまりいないかもしれないけどね。
  

今後は様々な分野のクリエイターが集まった「クリエイターモール」だとか、家具職人やら建築士やらが集まった「家作り専門家モール」だとかが登場する可能性もある。というわけで、この「士モール」はその先駆けとなる動きだといえるかもしれない・・・です。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/494