アクセス解析
2005年2月28日

「大阪のおばちゃん」が人気

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 09. ○○が人気!

どや!大阪のおばちゃん学
前垣 和義 (著)
cover

静岡で「おれおれ(振り込め)詐欺」対策用に作ったCMに、大阪府が文句をつけた、ということで、一騒動あった「大阪のおばちゃん」問題。今、その「大阪のおばちゃん」を題名に付けた本が結構売れているそうです。

「大阪のおばちゃん」パワーこそ、元気のない大阪を活性化する秘密兵器になるのでは、という趣旨で書かれた本なのだそうです。
 

思うに、大阪が低迷している最大の理由は、「ミニ東京」を目指してしまったことにあるような気がします。同じ関西圏でも、京都や神戸の方がまだオリジナリティーを維持している分だけ(といっても、まあ、大阪と似たり寄ったりですが・・・)、観光などでかろうじて善戦していますが、大阪は一時期完全にミニ東京を目指したことが、結局、企業の東京移転などを引き起こしてしまったのではないか、と個人的に思っていたりします。

野球のときも、結局、ライブドア・楽天ともに最初は大阪を拠点にすると発表しながら、最後は仙台に行ってしまった様に、いろいろな面で今、大阪は見捨てられつつあるわけですが、状況を少しでも改善するために、こんな本を読んでみるのも、いいかもしれません。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/547