カ テ ゴ リ ー ∵ HOME マーケティング 心理 言葉 テンプレート ジョーク
               BOOK 意外と読める記事 雑学 ○○が人気! すごい職場の活性法
2005年2月 1日

ピーター・ドラッカー語録

カテゴリー : 01. マーケティング

現代の経営
P.F. ドラッカー (著), Peter F. Drucker (原著), 上田 惇生 (翻訳)
cover   cover

日経新聞の「私の履歴書」でピーター・ドラッカーの半生記がスタート。


つーわけで、とりあえずドラッカー語録をネットで探してきて掲載してみます。

「有能さは習得できる」


「強みの上に築け!」


「昨日を捨てよ」


「知識労働者自身に上下はない」


「問題解決を図るよりも、新しい機会に着目して創造せよ」


「生産性の本質を測る真の基準は量ではなくて、質である」


「リーダーは尊敬されるが、必ずしも好かれるとは限らない」


「傲るな。企業は、「社会」に存在させていただいているものだ」


「最も重要なのは、タスクに目を配ることであって、
自分自身についてではない」

 
「市場に関する報告書など信頼してはいけない。
マーケットはトップ自身の目と足で確かめよ」


「直属以外にも上司はいる。そして、上司とて、
斬られりゃ痛い生身の人間ということを忘れないこと」


「世の一般的な勧めなどは無視して、己の仕事を絞る。
それがトップの[主要活動領域]である。」


「人間というものは、非常に時間を消費するものであり、
そして大部分の人間は時間の浪費家でもある」


「新しく生まれつつある知識労働者は、旧来の企業が主人で
従業員は召使であるという考え方を今や塗り変えつつある」


「伝統的な労働力体制の下にあっては、働く人々がシステムに仕えたが、
知識労働力体制の下では、システムこそが働く人々に仕えなければならない 」


「経営者が第1になすべき、また絶えず行うべき職責は、
現存の資源を用いて最高の成果をあげることである」


「今日、売れている製品が明日も売れるという保証はない。
企業は、絶えず明日を担う製品をつくり出さねばならない 」


「企業は何よりも″アイデア″であり、
″アイデア″を生むことができるのは個々の人間だけである」


「経営者の職務とは、働くことそのものである。それも極めて困難で、
大変な、リスクの多い仕事である」


(関連記事)
・鈴木敏文語録
・夢設計図でスピード成功!
・マーケティングは心理学だ!
・売り場の棚の心理学


プロフェッショナルの条件―いかに成果をあげ、成長するか
P・F. ドラッカー (著), Peter F. Drucker (原著), 上田 惇生 (翻訳)
cover


ネクスト・ソサエティ ― 歴史が見たことのない未来がはじまる
P・F・ドラッカー (著), 上田 惇生 (翻訳)
cover


新訳 経営者の条件
P・F. ドラッカー (著), Peter F. Drucker (原著), 上田 惇生 (翻訳)
cover

 

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ POSTED BY  okmt
トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/506
トラックバック

» ゲームの途中でルールが変わるスポーツ!? 2003.6.X 初出 from 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌
ゲームの途中でルールが変わる スポーツ。 たぶんそんなスポーツはないと 僕は思い... [続きを読む]

Tracked on 2005年6月10日 00:23

» 「マネジメント」と私の仕事 〓 from B to P,日々閑話
一週間が終わりました。 私が勤めている会社は週休二日制なのですが数週間ほど土曜日に出勤をしたので今日は久しぶりの「休日の土曜日」です。休みが2日あると思うと気分的にゆとりができます。だらだら過ごすことはあまり好みませんので、土曜日の午前中は今週のまとめに使 [続きを読む]

Tracked on 2005年6月12日 05:57
コメント
コメントする








名前、アドレスを登録しますか?