アクセス解析
2005年3月12日

ローレライ、早速観ました。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 10. 映像・ゲーム

cover


潜水艦映画、「ローレライ」を早速、観て来ました。


戦争終了直前、広島に落とされた原子爆弾。その第2次攻撃、第3次攻撃を防ぐために、ドイツから運ばれてきた潜水艦に乗って、原子爆弾を載せた飛行機が飛び立つ敵基地へ向かうというストーリーの映画です。


たいてい、日本の大作もの、CGを使ったものはハリウッド映画に比べると貧乏くさい、というか、粗が目立つ部分があり、いつもガッカリするのですが、この映画もやはり、映像的には「おいおい」といいたくなる部分がありました。(特に潜水艦が海の上に浮上しているときの、海と人との合成が問題あり)


しかし、ストーリー的には、ちょっとくさい部分、こういう映画にありがちな「そんなバカな!」という部分も多分にありはしましたが、全体的には面白かったのではないかと思います。


充分2時間弱の鑑賞には堪えられる映画だといえるでしょう。とりえず、観ても「損した」気分にはならない、日本映画としては充分合格ラインを超えている、そういう映画ではないでしょうか。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/567
トラックバック

» 「ローレライ」試写会にて from xina-shinのぷちシネマレビュー?
3月6日日曜日に北日本新聞サービスセンター 映画の集い 『ローレライ』試写会が開かれ、抽選に当たったので独りで淋しくいってきました。 北日本新聞とは富山県で発行されている地方新聞です。富山県、て日本の真ん中あたりなのに何故北日本なのかは不明・・・ 上映前... [続きを読む]

Tracked on 2005年3月12日 18:38

» #15:ローレライ(試写) from (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
KAZZのこの映画の評価 いやぁ〓驚きました 日本の映画で潜水艦映画が作られるとは。。。 出だしのタイトルは凝っていて格好イイですよ ラストの戦闘シーンは洋画なみ?セットも非常に良く出来ています 手に汗握る緊張感!音も映像も迫力あります ただ、少し違う... [続きを読む]

Tracked on 2005年3月14日 00:03

» ローレライ from Rohi-ta_site.
ビデオで役所広司、柳葉敏郎、妻夫木 聡、香椎由宇、出演の「ローレライ」を観ました。 ●ストーリー 1945年8月、広島に最初の原子爆弾が投下されて間もなく、海... [続きを読む]

Tracked on 2005年8月26日 14:30