アクセス解析
2005年8月 9日

衆院解散だね。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 16. 雑記2
ガリレオは天動説が「常識」だった時代に1人地動説を唱えたために宗教裁判にかけられた。首相はその境遇を、自らに例え、「国会で郵政民営化は必要ないという結論を出されたが、もう一度、国民に聞いてみたい」と訴えた。その上で、「なぜ郵政だけ公務員でないといけないのか」「反対勢力は公務員の特権、身分を守ろうとしている」と強い口調で持論を繰り返した。

ガリレオの地動説と郵政民営化を一緒にするのはどうかと思いますが・・・。
 
  
今回の解散では、

「郵政民営化すらできずに構造改革なんか今後出来るか」という意見。

「これで小泉が再選されたら、完全に独裁化が進む」という意見。

「結局党内の派閥の争いだろ。それで選挙に数百億も使うのか。けしからん。」という意見。

「選挙って、様々な政策を行ったり考えたりしていく人を選ぶ行為だろう。郵政民営化の問題だけで候補を選ぶか選ばないかを決めろって、おかしいんじゃない?」という意見。

様々な意見が飛び交っており、メディアで流されるコメントも多種多様となっています。

 
ま、個人的には、どうみても「国民にとってどういう状況が最も良いのか」ということを争っているのではなく、「権力争い」の結果、解散したのだと思いますが、国会議員のレベルは国民のレベルをそのまま反映している、というから、これが日本人のレベルなのかもしれません。

どちらにしても一ヶ月後の選挙までには、もう少し私達も勉強した上で、投票する必要があるのかもしれません。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/708