アクセス解析
2005年11月18日

付加価値とは?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 01. マーケティング
埼玉県の街の小さな豆腐屋から200億円を売り上げる全国展開の豆腐メーカーに成長した篠崎屋。2代目社長の樽見茂さんはスーパーなどに頼らず、直接販売にこだわって事業を拡大させてきました。売り場として目をつけたのが、街の酒屋さん。今では全国400の酒屋さんに販路を広げ、豆腐のこだわりをアピールしています。オリジナルの豆腐関連商品の開発にも力を注ぐ樽見さん。42歳、若手社長の挑戦に迫りました。

  テレビ番組で篠崎屋の社長が

「メーカー(売り手)にとっての付加価値とは100円の商品を130円で売ったときの30円の部分ですが、お客さん(買い手)にとっての付加価値とは100円の商品を70円で買えたときの30円の部分なんです。
 
そして我々はお客さんにとっての付加価値を追及したので、成功につながったと思います。」
 
という趣旨の発言をしていました。
 
なるほど成長する会社の社長というのは、いいことを言う。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/793