アクセス解析
2005年11月29日

1000億の借金を背負う社長の話

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 08. WEB
だが、この確信は、バブルの崩壊とともにあっけなく崩れ去った。そして、それまで不動産、土地そのものが価値の根源だと信じていたが、実際にその価値を形成したのは、土地や不動産に含まれる「情報」であり「価値の根源は情報だ」ということに気付いたのである。
  
 他人の目には「大失敗」、あるいは「超不幸」と映るようなことでも、本人の気持ち次第で、それは「成功」であり、「幸せ」となる。
  
状況を変えられるということは、意識に何らかの力、エネルギーが備わっていることになる。力、エネルギーは「気(思いこみ)」とか「やる気」ととらえることもできる。  この「気のエネルギー」は、人間が生きていくうえで非常に重要だ。
 
Passion For The Future」で紹介されていたウィークリーマンションツカサの社長の記事を読む。
  
非常に面白い。仕事そっちのけで読んでしまった・・・。
  
最近、ツカサは社長が一度挫折を経験したためか、「植草元教授」をセミナー講師にしたり、色々と面白いことに取り組んでいるようだ。要チェック。
      ところで・・・
  
ふと、ベルリンの壁が崩壊したとき、テレビの討論番組で、「ベルリンの壁が壊れた余波が、1年以内に日本にもやってきて、日本は大きく変わるだろう」としゃべっていた人がいたのを思い出しました。
  
そのときは「なんで遠い国の壁が崩壊したら、日本に影響が及ぶんだ?」と不思議に思っていたのですが、その後、自民党が野党になったり、大企業がバタバタとつぶれたりして、本当に日本の状況は大きく変わってしまいました。
  
世界はさまざまな影響を及ぼしあっていて、予想もつかない大きな変化をもたらすことがあるわけですが、でも、このツカサの社長が言うように、その予兆はさまざまな情報を抑えておくことで必ず見つけることが出来るということです。
  
「情報」の力をますます強く感じる今日この頃であります。
  
(追記) 社長の話が延々と掲載されているといえば、ライブドア社長の「僕は死なない」もいつのまにか、全てネット上に掲載されていましたね。
  
こちらも要チェックかもしれません。
  
(関連記事) ・起業なんか絶対するな!?人はなりたいと思っている以上の人になることはない情報にお金をかけるところが成功する楽天の教祖の秘密

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/800