アクセス解析
2005年11月 8日

地域によって心理的な価格は違う。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 01. マーケティング
日経新聞 ローソン社長 新浪剛史氏インタビュー
「地方によって消費者の財布の状態や値ごろ感は随分違う。
 
昨年末、税込み五百円均一の弁当を出した。顧客の動きを見ているスーパーバイザーと呼ぶ各地の社員にこの価格について聞くと、東京は大半が『値ごろ感がある』と評価するのに、近畿は『若干高い』との声が優勢、北海道は全員が『高い』という」
 
「驚いたよ。『君ら、全然こういうものを食べないの』と聞いたら『たまにはいいけれど、北海道では日常的に五百円は払わない』とバッサリ言われた。
 
弁当一つをとっても、各地で価格の感じ方はこれだけ違うのだから、東京で語られる景況感を、そのまま地方に当てはめられない。」

   北海道に初めていったとき、夏休みが8月20日で終わると聞いてちょっと驚いた。また、どのお店に行っても冷房がないことにも驚いた。
 
狭い日本なのに、地域によって常識は随分変わる。
  
東京にあるメディアは東京の一部だけでしかみられない現象を、さも日本を代表するような現象であるように表現することが多々あるが、ぜんぜん当てはまっていないことの方が多い。
   
注意が必要かもしれない。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/785