アクセス解析
2005年12月 9日

コンピューター時代の恐怖

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース
 8日の東京株式市場で、東京証券取引所の新興企業向け市場マザーズに同日上場した総合人材サービス業ジェイコムの株式に対し、みずほ証券が誤って大量の売り注文を出し、みずほ証券に現時点で270億円の含み損が生じた。

 この影響で、日経平均株価(225種)が300円以上、急落するなど市場が大混乱した。


 
270億!!普通の会社ならふっとぶ金額。
 
1人の担当者がやったミスでこれほど巨額の金額がふっとぶとは、端末で入力するのが当たり前になった時代には起こりうることだとはいえ、恐ろしいことだと思う。
 
今後は多くの申込やらなにやらがネット上で行われることが更に増えていくわけですが、何か根本的な対策をしないと、同じようなことがまたおこるような気まします。
 
(今日の一言)
ちなみに、実力とは何の関係もなく、株価を下げられてしまったジェイコムの株は、長い目で見れば今後上がっていくでしょう。
 
株をやっている人は注目しておいて損はないかもしれません。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/806