アクセス解析
2006年1月27日

最近のマンションの作り方

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 16. 雑記2

昨日、テレビを見ていたら、最近のマンションは内装を外国で作り、その部屋をコンテナのように船で運んできて現地で組み立てる方式が採用されるようになりつつある、とのことでした。
 
この方法は船で移送されることを計算に入れて、通常よりも部屋の耐震構造・強度などが強化されているのに、コスト自体はこれまでの現地で一から組み立てて工事する場合に比べて、20%近く下がるとのことでした。
 
これまで建設物件のコスト削減といえば、ヒューザーなど姉歯物件のように、強度等を犠牲にして不良物件を作る、みたいな方法が多かったが、この方法は製造過程に海外を入れることで、コストを下げつつ、品質はあげる方法であり、ユニクロなどがとった方法と同じといえるでしょう。
 
世の中のイノベーションはこんなところでも起こりつつあるわけです・・・・。
 
ちょっと感心してしまいました。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/843