アクセス解析
2006年2月15日

ブランド戦略2

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 16. 雑記2

随分前に書いた、「ブランド戦略」という記事の中で、「雪印や三菱はグループで同じブランド名をつけていたため、一社が問題を起こすと全体がダメージを受けてしまった」みたいなことを書いていましたが、ライブドアも全く同じようにボロボロになってしまいました。
 
「ライブドア」というブランドを付けることが知名度と信用度をます効果があるはずだったのに、全く逆効果に・・・。
 
いまや、本体のライブドアさえ身売りや社名変更が噂されるようになっています。
 
「ベストリザーブ」とか、「弥生」だとか、ライブドアの冠をつけていない会社もあるので、全部が全部ダメになるということはないでしょうが、同じブランド名をつけるというのはメリットがあるようで、結構大きなリスクがあるわけです。
 
そういったことをよく踏まえたうえで、「ブランド」というものはコントロールしないといけないわけで、ライブドアはまさにその悪い見本となってしまったといえるかもしれません。
 
やっぱり、ブランド戦略って、ムズカシーですね。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/858