アクセス解析
2006年6月26日

新・あるある体操、ダイエット3分間の科学

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3

以前書いた、「あるある体操、ダイエット3分間の科学」という記事へのアクセスが一気に増えた。どうやらTV番組「あるある発掘大辞典」で新・あるある体操というものが紹介されたことが原因のようだ。

 
今回のあるある体操は有酸素運動・無酸素運動を30秒ずつ3分間繰り返すことでおなかの贅肉をとることができる体操なのだそうです。

 
やり方はいたって簡単。足上げ運動(片足をおもいきり前に蹴り上げ手でタッチする運動)を30秒行った後、腰を落として腕を股で挟むような運動を30秒。もう一度、同じことをした後、今度は腰をひねって片足を横にあげ、その足を両手でタッチする運動を30秒行い、そして腰を落として腕を股で挟むような運動を30秒。

 
これを1日2、3回繰り返すだけで、おなか周りの贅肉を取るのに効果的なのだそうです。

 
さらにキムチをはじめとしたダイエットに効果的な食品も積極的にとるようにすれば更に効果はアップするのだとか。

 
巷には様々なダイエット方法を溢れていますが、運動を行うことがやはり王道といえるでしょう。

 
たった3分で出来る運動でダイエットができるのなら試してみる価値は充分にあるかもしれません。
 
 
(関連記事)
・1分間でウェストを引き締める方法



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/923