アクセス解析
2006年7月 6日

針治療34回目終了。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 18. 顔面神経麻痺

はり100本 鍼灸で甦る身体
竹村 文近
cover
 
針治療34回目が終了。もう回数が多すぎて、今何回行ったのかがわからなくなりそう。
 
今回はいつもにまして待ち時間が長かったので、上の本を読む。タモリ、山下洋輔、吉行和子などの著名人も通う鍼灸師の人が書いた本。
 
いちいち納得の内容。現代人の体は病んでいるよ、ということは、自分自身、顔面神経麻痺を発症しただけに、やはり実感を持って感じる。特に水分の代謝などが上手くいっていない、などは多くの人にも当てはまるのでは・・・?
 
さらに体が「欝」な状態になると、まずは腰に来ることが多いのだそうだ。そして背中に負担が来て、最後に肩にくるという。肩こりがひどい、と治療にやってきた人を見たら、腰の部分がひどくなりすぎで麻痺していて、肩だけが痛くなっているということも珍しくないそうだから、体全体のバランスを整えることが非常に重要なのだと思う。
 
そういえば、つい最近、大阪大学などでようやく針治療や漢方等の東洋医学や、民間療法などを科学的に研究するプロジェクトが動き出したというニュースもあった。時代は西洋医学だけでは対処できなくなっているわけだ・・・・。
 
風邪を引きやすい人(抵抗力が低下)、トイレが近い人(水分の代謝が上手く出来ていない)、車に酔いやすい人や肩こり・腰痛がひどい人(内蔵機能の低下)などは、近いうちに大病をする可能性があるので気をつけたほうがいいかもしれない。
 
ま、針治療でも受けてください。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/936