アクセス解析
2006年8月 2日

ゲド戦記観た。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 10. 映像・ゲーム

cover


1日は1000円デーということもあり、ゲド戦記を見てきました。


感想は・・・・・・・・いろんな意味で「残念」な映画・・というところでしょうか。1000円デーに見に行ってよかったーと思ったり。


一生懸命、父を真似て頑張ったのはわかるけど、やはり力不足は歴然。日本人はやさしいので、初監督にしては頑張った、とはいってもらえるでしょうがね・・・。


「ハウルの動く城」は説教くさくていまいちでしたが、それでも絵は魅せるものがありました。が、今回はそれも特になし。しかも、小屋と城の行き来だけで話をすすめるのは、かなり世界を狭めすぎ。


というか、なんで急に龍になった?劇中の「まさか・・な」の一言だけで、龍になれることを暗示するのは無理ありすぎです。言葉による説明も多すぎだし。


ま、いろんな意味で「あーあ、やっちゃった」という感じの映画だったように思います。


あえて言いところを探せば、V6の岡田くんの声はよかったかな。テルーの声を出している手嶌葵は・・・・歌手に専念して頑張ってね、という感じ。


ジブリには宮崎駿、高畑いさおの後継者がいないといわれているだけに、プロデューサーの鈴木くんも大抜擢してみたのでしょうが、まだ、この2人には遥か及ばずといったところか・・・。


ま、今後に期待です。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/952