アクセス解析
2006年8月24日

タワーレコードが経営破たん

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース

米CD・レコード販売大手「タワーレコード」を経営するMTS(カリフォルニア州サクラメント)が米連邦破産法第11章(日本の民事再生法に相当)の適用を米デラウェア州の連邦破産裁判所に申請し、経営破たんしたことが22日、わかった。

まあ、短的に言うと、iTunesにつぶされた、というところでしょうか。
 
ダウロード配信が増える→売上が減った分を取り戻そうと大型店を出店して品揃えで勝負する→しかし、便利なダウンロード配信に勝てず、売上が伸び悩む→なまじ大型店を大きな金額を投じて出店したために、出店費用を回収できない→破綻。
 
多くの産業で同じ構図がアチコチで起こっていますが、レコード店にもついにはっきりとそれ現れたということでしょう。
 
日本でも着実にダウロード配信は普及しつつあるわけで、米タワーレコードと同じような運命を辿る企業が次々に現れてくるのではないかと思います。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/973