アクセス解析
2006年10月10日

ワールドトレードセンター(WTC)観た

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 10. 映像・ゲーム

ワニ

映画「ワールドトレードセンター」を観ました。9.11テロを題材にした映画。


基本的にドキュメンタリーのような映画。主人公達、湾岸警察の警官達が飛行機の突っ込んだ世界貿易センタービルから少しでも多くの人を非難させようとビル内に突入したところ、ビルが崩れ落ち、生き埋めになってから救出されるまでを描く。


通常、こういう映画は、「パールハーバー」のようなアメリカ万歳!正義の為に悪に鉄槌を下してやる!復讐してやる!的な展開になりがちだが、この映画は、まったくそういうところがなく、瓦礫の下敷きになって身動きすることが出来ず、ただただ助けを待つ警官2人とその家族を中心に描いてあった。おかげで、うんざりするところがない。監督がオリバー・ストーンだったのがやはり、効いている。


しかも、飛行機がビルに突っ込むシーンはない。おそらく、観る人に配慮をしたのだろう。ハリウッド映画の人間なら絶対に観せ所のシーンなだけに、その部分がないというのは、まだその事件の記憶が生々しいということだろうか。


・・・・ま、この映画なら、アメリカ人以外の人間が見ても充分見る価値があると思う。そういう映画でありました。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1098