アクセス解析
2006年10月23日

あなたの家の電話の保留音は?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3

自分の家に電話したとき、初めて自分の家の保留音の音を聞き、「こんな曲がかかっているのか!」とびっくりすることがある。自分で電話をかけるときに自分の家の保留音を聞くことはないので、意外と新鮮だったりする。
 
今日の朝、新聞を見ていたら役所によって保留音の曲を変えていることがある、という記事があった。
 
ほとんどの役所では「エリーゼのために」か、「メヌエット」がかかることが多いそうだが、「もっと明るい曲にしろ!」とクレームが来て明るい曲に変えたり、ほとんど知られていない「市歌」をわざとかけるようにして、少しでも自分の街の歌を知ってもらおうと涙ぐましい努力をするところもあるのだそうです。
 
 
日常的に使われている割には意外と意識されていない部分なので、ここに着目して何か工夫をするのはよいことかもしれません。企業なら曲じゃなくて、自社の広告?みたいなものを流しても良いかもしれません。
 
実はよく使っているのに、使っている本人はあまり意識していないこと。こういうことは、日常に溢れているのかもしれません。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1109