アクセス解析
2006年12月12日

フリーザさん、フリーター問題を語る

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 08. WEB

フリーザ様に学ぶフリーター問題

セルゲームに学ぶ「再チャレンジ支援税制」

孫一家に学ぶ「就職氷河期」問題

ドラゴンの騎士に学ぶパラサイトニート問題

仙水忍に学ぶ公務員制度

 
TVでアナウンサーとか、みのもんたとか、古館一郎とかが「格差問題は深刻な状況に・・・」と語っているのを見ると、多くの人は庶民の、もっというと「負け組」の人たちの声を代弁してくれていると感じるらしいのだが、実はこの人たちは、一応、TV業界の「勝ち組」にあたるわけで・・・。
 
下請けの製作会社のスタッフよりも圧倒的に良い環境にいる人たちも、自分はどちらかといえば「負け組」側にいると感じている現実。
 
ってゆーか、日本に生まれたという時点で、世界的に見ると圧倒的に勝ち組なわけだが、多くの人はそう感じていない現実・・。
 
なかなか難しいものがあります。
 
(関連記事)
・日本の格差社会
・あなたは「下流社会」「上流社会」どちらがお好み?



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1136