アクセス解析
2007年3月12日

不安は連鎖する

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3
まさかの出来事に直面したマネーは理屈ではなく心理的なショックで動いた、と言えばいいのだろうか。各国の当局者は株安を受けて「実体経済はしっかりしている」と異口同音に唱えた。事実、世界経済の綻びが表面化したわけではない。にもかかわらず、経済の津波は実体と無関係に起きた。不安心理で眺めれば危うさを感じる動きがないわけではなかった。

以前、「暴騰・暴落は何故おこるのか?」という記事を書きましたが、人間の心理というのはどこの国でも一緒で、些細な出来事で一瞬にして一つの方向に向いてしまうようですねえ・・・。


あくまで一瞬のパニックだと見切って冷静に対応したり、逆にその心理を利用してブームを作り出したりできるようになれば大物だといえますが、そのためには「肝が座っていること」「冷静に状況を分析し、判断が出来ること」などが求められます。


結局、パニックや不安に流されないようにするためには、「人間力」の向上が必須条件だといえるのではないでしょうか。


(今日の一言)
一連の株安の際、長期投資を行っている「さわかみ投信」には、今が買い時だ!ということで、投資家から一気に大量の入金があったのだとか。


慌てて狼狽売りをする人もいれば、今がチャンス!とばかりに買いまくる人もいるというわけで・・。


なかなか世の中いろいろのようです。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1183