アクセス解析
2007年3月16日

ビジネスをするなら会費型ビジネスをするのが良い。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 01. マーケティング

起業をしよう!


こう考えている人は増えているわけですが、最初の時点でビジネスモデルをよく考えずに起業してしまうと苦しくなってしまうことがよくあります。


特に、画期的な商品を開発した!と喜び勇んで起業したものの、その商品がある一定数売れて行き渡ると、次の商品がないために売り上げが激減して苦しくなる、という話はよくあるので注意が必要でしょう。


やはり、こういう場合、できることなら継続して収入が入ってくるようなビジネスを考えた方が懸命だといえます。特に「会費型」のビジネスなどを継続して収入が入ってくるので、色々な面でプラスがあるといえるかと思います。


なお、会費型ビジネスといっても、単に「○○の会」を運営することだけが、会費ビジネスとは限りません。


 


レンタルサーバーや、不動産賃貸のように、継続して使われるものも会費ビジネスといえると思います。


また、ソフトウェアの会社は、ソフトを販売した後、「保守料」「サポート料」の名目で継続的に収入を得ていますが、これも一種の会費型ビジネスだといえるでしょう。(ソフトウェアの会社の場合、ソフトそのものを売ったときの収益よりも、この保守・サポートの名目でもらうお金の方が圧倒的に利益率が良いのだとか)


オフィスグリコや置き薬のように、最初に商品を渡しておいて使った分だけ料金を徴収する、というビジネスや、コピー機のように使用していると用紙やトナーなどが継続的に取り替える必要があるもビジネスなど、継続的にお金が入ってくるビジネスはたくさんありますが、こういったものも含めて、「会費型ビジネス」はいろいろとメリットがあり、売り切り型のビジネスよりも特になることが多いようです。


最初にどんなビジネスモデルを採用するかで、後々の状況が大きく変わってくる。


これを肝に銘じて、ビジネスモデルは慎重に構築する必要があると言えそうです。


この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1187