アクセス解析
2007年6月18日

絶対に失敗しないビジネス経営哲学

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 03. BOOK

ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学
島田 紳助
ご飯を大盛りにするオバチャンの店は必ず繁盛する―絶対に失敗しないビジネス経営哲学


島田紳助が自分のサイドビジネスの経験から学んだことや考えたことを色々と書いてある本。非常にシンプルだが、実はMBAの本などを読むよりも、多くの人にとっては役に立つことが多数書いてある。


「業界の常識・世間の常識とかいったものに合わせるとまず間違いなく失敗する。常識はずれでないと上手くはいかない。」だとか、「関わった人が幸せにならないといけない。従業員にあれこれと縛りをかけたり、マニュアルによって無理やり働かせているよりも、従業員も楽しんで充実して働いているお店のほうが良い。なにより、お客さんもそういう店のほうが楽しめる。」だとかいったことは、当たり前のようだが、多くの人が忘れがちなことなので、今一度覚え直した方が良いと思う。


あと、「客単価がいつもよりあがっていると、うれしい反面、お客さんにいつもより多くの出費をさせていることに不安になる。お客さんは表面上は喜んでいるようでも、内心、お金をたくさん使わされたと感じているかも知れず、そうなると、そのお客さんは二度とお店には来なくなる。」といった視点は、なかなか私にはない視点だったので、ちょっと感心しました。


まあ、ものすごく特別な手法などといったものは出てこないが、実は最も重要なポイントはシンプルなところにある、ということを感じさせてくれたので、読む価値のある本だと思います。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1243