アクセス解析
2007年9月 8日

FRの新規事業があまり上手くいかないワケ

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3

ユニクロを運営するファーストリテーリングの新ブランド「ジーユー」があまり上手くいっておらず、今年いっぱい様子を見て、ダメなら撤退するかも・・・ということが報道されています。以前、野菜販売も華々しく参入した割にはあっさりと撤退したりもしましたが、ファーストリテーリング社は企業買収した場合はともかく、新規に立ち上げた事業の多くは結局撤退してしまう可能性が高いようです。


上手くいかないワケ・・・は、いろいろあるのでしょうが、最も大きな理由は、多分、「ユニクロ」という成功したブランドをもっていることが原因ではないかという気がします。


新しい事業・新しいブランドは認知してもらい、軌道に乗るまで、どうしても時間もお金もかかってしまいます。そのため、既存のユニクロのお店を出す場合と同じ広告の量を出稿したりしても、上手く集客できないことも少なくありません。


すると、同じ10億円をかけるなら、新しい事業やブランドを立ち上げるより、既存のユニクロのお店を1店舗でも2店舗でも多く出した方が、手っ取り早く収益につながるではないか、と、結局、今までどおりのお店を出した方が良い、という結論になってしまいます。新しい事業やブランドが軌道に乗るまで我慢できず、結局、撤退する、というパターンを繰り返すことになっているようにしか見えないのです。


こういうことをやっているうちは、何回やってもおそらく新しい事業など立ち上がらないでしょう。ひたすら「ユニクロ」事業を伸ばすか、他の企業を買収する方法しか採用しようがないと思います。


あることで成功体験をもつと、その体験を応用すれば簡単に新しい事業を立ち上げられそうな気がしますが、逆に、それが邪魔をして上手くいかないこと・・・って実はよくあります。新しい事業を立ち上げる際には、多少時間がかかっても何が何でもこれを成功させてやる、という強い意志と忍耐強さを持つと同時に、全くゼロから始める気持ちで取り組まないとなかなか上手くいかないものなのかもしれません。


参考になる話だと思います。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1283