アクセス解析
2007年10月27日

カニの雑学

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 11. 雑学

少しずつ、寒くなってまいりました。


寒くなってくれば鍋料理が食べたくなります。そして、冬の鍋料理といえば、カニ。


・・・そこで不意に問題を出します。「カニ」という字を漢字で今すぐペンで書いてください。(パソコンとかで調べずに!)


 10


 9


 8


 7


 6


 5


 4


 3


 2


 1


わかりましたか?正解は・・・・


「蟹」


です。書けましたか?書けなかった人は今後10年間、蟹を食べることを禁止します!


・・・ところで、「蟹」という漢字はなぜ「解虫」と字を書くのでしょう?知っていましたか?私は全然わからなかったので調べてみたのですが、


「解」・・・解という漢字は文字を分解すると、角と刀と牛。つまり、刀を使って牛の体と角をバラバラに切り離すことが元々の意味。転じて「バラバラにすること」「細かく分けてわかりやすくすること」の意味を持つ。(解体とか解答とか)


カニはハサミを使って相手をバラバラにできる・・・じゃなくて、カニの体は包丁などを使わなくても、簡単にバラバラに切り分けることができるので「解」という漢字を使うことになった。


「虫」・・・は元々「蟲」と書き、古代中国では虫は小動物の総称だった。


つまり、簡単にバラバラにできる小動物だから「解虫」と書くのだそうです。へぇ~。また賢くなりました。


また、癌のことを英語で 「cancer」 と言いますが、これはラテン語の「カニ」が語源なのだそうです。腫瘍の形状などがカニに似ていたから?そういう名前になったのだそうです。


そのため、「かに座」も「Cancer」という名前になったのだとか。 もう一つオマケにへぇ~、という情報ですねえ。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1301