アクセス解析
2007年11月 5日

東京タワーは結構いい映画だ。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 10. 映像・ゲーム

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2枚組)

本の方を読もう読もうと思いつつ、結局読む機会がなく、しかもドラマ版も結局一度も見ることがなかったリリー・フランキーの「東京タワー オカンとボクと、時々、オトン」映画版をようやくDVDで観ました。


・・・予想以上に良かったです。元々ベストセラーになるだけあって、原作が良かったのでしょうが、オダギリジョーや樹木希林の縁演技いうか存在感というかが、非常にマッチしていて良い感じでした。特に樹木希林はいい味を出している!


映画化すると原作よりもレベルが落ちることが少なくありませんが、この映画は原作よりもむしろ映画の方が感動する人が多いというのも、なんとなくわかるなあ、と思ったそんな作品です。


(今日の一言)
気がつけば、今年は5月から毎月映画を観ている。「スパイダーマン3」、「パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド」、「ダイ・ハード4.0 」、「ジャンゴ」、「トランスフォーマー 」、「エクスマキナ(アップルシード)」などなど。


加えて、DVDレンタルで「ロッキー・ザ・ファイナル」「バブルへGO!! タイムマシンはドラム式 」「300<スリーハンドレッド>」「デジャヴ」「ハンニバル・ライジング」「ドリームガールズ」をはじめ、多くの映画や演劇、アニメ等々を観ています。


観すぎで、最近、どんな映画を見ても同じ内容に観えてきました。観すぎるのもあまり良くないなあ、と思ったりする今日この頃。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1303