アクセス解析
2007年11月20日

オジェック氏が次期日本代表監督に内定

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース
サッカー日本代表イビチャ・オシム監督(66)の後任に、浦和監督のホルガー・オジェック氏(59)が就任することが19日、明らかになった。オシム監督が16日に脳梗塞(こうそく)で倒れてから、日本協会は同監督の回復を祈りつつも、後任選びを進めていた。同監督の現場復帰が難しい場合に備え、カナダ代表監督や国際サッカー連盟(FIFA)技術委員などを歴任したオジェック氏を後任に内定した。すでに打診を済ませ、同氏も就任に前向き。早ければ12月のクラブW杯終了後にも、正式発表される。


オジェックか~。ちょっと予想外。G大阪の西野監督か代表コーチの大熊コーチ辺りが就任するのかと思っていたけど、なるほど、オジェックねえ・・。


確かに最下位争い常連の浦和を一気に3位だったかに押し上げたりした実績もあるし(当時、同じく最下位争い組だった名古屋はベンゲルによって4位になり、2人の名監督ぶりは有名になった)、日本のサッカーのことも知っているし、オシムの戦術もよく理解していし、ブッフバルトの後を継いでも、浦和をしっかり優勝争いさせACLも優勝させたので、適任といえば適任かも。


ただ、選手時代の成績がいまいちだった人は、監督になると若手の育成が上手い傾向があるのに対して、この人は・・・微妙な部分も。小野とかとも揉めたりもしたしなあ。ま、オシムが回復したらアドバイザーにでも据えれば、完璧か。


オシムへの期待が高かった分、オジェック氏には期待半分、不安半分というところです。


(追記)
・・・そもそも、まだ打診さえされていない、と浦和が発表した。なんじゃ、そりゃ。いい加減な報道だなあ、オイ。


日本人よ! オシムジャパンよ! 日本サッカーへの提言



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1310