アクセス解析
2008年1月30日

「心のブレーキの外し方」読んだ。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 03. BOOK

「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~
石井 裕之 (著)
「心のブレーキ」の外し方~仕事とプライベートに効く7つの心理セラピー~


少し前に発行されたこの本を読みました。読みやすく、なかなか良いことが書いてある本。


チャンスが巡ってきても「私にはできるはずがない。」とか、「今、タイミングが・・」とかいって人がなかなか行動を起こさないのも、結婚前にマリッジブルーになるのも、「改革をすべきだ!」といいつつ、いざ自分に関係したところが改革の対象になると反対する「総論賛成・各論反対」になるもの、この本に書かれている人の「現状維持システム」が関係しているといえそうです。


そして、この現状維持システムを変えるには、「小さなことから実行する」「演技をすることで、意識を変える」といった方法が有効だとのこと。


大きな夢や目標を持っているのに、なかなか行動に移せない人は「部屋の掃除をする」「寄付をする」といった簡単にできる具体的な行動から始めたり、夢を実現したときの自分を今から演じてみたり(例えば社長になって大成功したいなら、現時点からすでに大成功していて自信満々の社長になりきってみるところから始める)ことが、かなり重要なことだといえそうです。


以前も書いたけれど、自分の意識を変えることが、行動を行っていくためには、まずは何よりも重要なことだといえるでしょう。


(関連記事)
・セルフイメージを変えることが成功への第一歩
・自分を変える最強の方法
・「夢をかなえるゾウ」読んだ。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1331