アクセス解析
2008年2月21日

大東建託は・・・

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3
マンション・アパート運営最大手の大東建託が、米大手証券のゴールドマン・サックスやリーマン・ブラザーズなど複数の外資系金融機関と身売り交渉していることが明らかになったと、昨年から今年にかけて、一部のメディアが報じている。


「優良企業すらも、外資に買収されてしまう時代になってしまったのですね」。わたしにこんなメールがいくつも送られてきた。だがことの本質は、そのようなところにはないとわたしは思っている。


つい最近、アパートの建設に関わった弟から、「大東建託の建物は新築のときはともかく、時間が経ったら、とてもじゃないけど人が入らない物件になる」といった話を何度か聞かされていた上、ビジネス系の雑誌などでも、家賃保証の仕組みの歪みが最初の保証期間10年を過ぎて顕在化し始め、トラブルになることが増えている、と報じられていて気になっていたので、ちょっとメモ。


自分で家を建てる場合でも、アパートなどの共同住宅を建てる場合でも、やはり自分である程度知識をつけるか、絶対に信頼できる優秀な人から助言がもらえる状態でないと、言われるまま・お任せ状態のままでは後々、自分自身が困ることになるので気をつけておく必要があるな、と強く思った次第。


現役・三井不動産グループ社員が書いた! 「ダメマンション」を買ってはいけない  誰も書かなかった!住宅で失敗しないための7つの自己防衛策―あなたも、いい家と悪い家が正確に見分けられるようになる!  「いい家」が欲しい。 改訂2版



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1338