アクセス解析
2008年3月14日

まさに現実の「それでもボクはやってない」

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース
甲南大生らによる痴漢でっち上げ事件で、犯人に仕立てられ大阪府警に逮捕された堺市北区の会社員、国分和生さん(58)が13日、産経新聞の取材に応じた。取り調べでは「何を言っても信じてもらえなかった」といい、「こんな目にあう人が二度とないようにしてほしい」と訴えた。


確か「弁護士のくず」にも、同じような示談金目当てで痴漢をでっちあげる話があったような気がしますが、本当にこんなことを実行する人間がいるんですねえ・・・。


しかも、警察の方は警察の方で、まさに映画のとおりの取調べが今もなお行われているということです。こわ~。


今回は犯人が自首したから早期に解決したものの、そうじゃなかったら大変なことになっていたでしょう。


男ならだれもがこの犯罪と一方的な取調べを受ける可能性があるだけに、何らかの対策が至急行われないと、延々と同じ状況が繰り返されることになるのではないかと思います。


それでもボクはやってない


それでもボクはやってない スタンダード・エディション



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1346