アクセス解析
2008年5月11日

3Mix-MP法に感心。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3

テレビ番組「夢の扉」で削らない・抜かない治療をする歯医者さんの話。


通常の歯医者さんは、虫歯になった患者を治療する際、表面のエナメル質、次の象牙質、さらに奥の神経の部分まで削り取った後、詰めものをする方法をとることが大半で、この治療法は、場合によっては何ヶ月も治療に時間がかかる上、神経部分も削り取るわけだから激しい痛みを伴うことも少なくない。


ところが、紹介されていた宅重医師は3Mix-MPという薬を塗って、その上に、セメントを少しかぶせるだけの治療法をとります。この薬を塗ると、虫歯部分が殺菌され、後は人間の自己治癒能力によって、歯が修復されるのだそうだ。治療も大抵1回で済む上、痛みもないので、今、大注目の治療法だということです。


この方法は、従来の治療法のように、象牙質や神経部分を削り取ってしまうと、自己治癒能力が働かなくなるので、3Mix-MPを使っても全然意味がありません。それゆえ、これまでの常識に縛られた医師は3Mix-MPを使ってみてもうまくいかないことが多いとのことだ(そりゃあ、自己治癒のためのもっとも肝心な部分である象牙質や神経部分を削ってしまったら意味がないわけだから当然ですが・・)。


ただ、きちんと理解すれば、強力で、しかも、負担の少ない方法だといえるでしょう。どんどん普及して欲しいと思います。


・・・ネットで調べると、この方法はしっかりとした治験が行われたわけでもないうえ、これまでの常識を覆す方法なので、歯科医の学会などでは否定的な眼でみられているとのことだそうです。この辺は西洋の医学の常識に縛られて、人間の自己治癒能力や免疫能力に働きかける東洋医学的な手法に対して否定的な、多くの医学会・医師会と同じ状況のようです。


しかし、明らかに効果が上がっているわけだから、早急にこういった方法の有効性を西洋医学・東洋医学の両方の立場の人間が協力して調べ、効果があるようなら、全面的に導入されるように動いていくべきではないかと思います。


ま、なにはとれあれ、こういった患者に負担が少なくて効果が上がる方法があるのなら、どんどん普及して欲しいものだと思う次第であります。


虫歯はクスリで治る!―最新歯科治療3Mix-MP法
虫歯はクスリで治る!―最新歯科治療3Mix-MP法



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1385