アクセス解析
2008年7月 1日

枕と肩こり

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3

最近、テレビで見ていて、肩こりに枕の形状や硬さが大きく関係していることを知った。


私自身、昔から肩こりはひどい方。パソコン仕事で目も使うし、首や肩の筋力は強いとは言いがたいし、きっと歯のかみ合わせにも問題があるだろうし、背骨も歪みがあるだろうから、当然、肩こりに悩まされるのは当然だろうとは思っていたけれど、枕も関係していたとは・・・・。


枕が高すぎたり低すぎたりすると、首や呼吸器、後頭部などに負担がかかるため、ぐっすり眠れず、寝た直後もだるかったり疲れたような感じがするのだという。本当は高さは数ミリ単位で調節する必要があるとのこと。


また、枕がやわらかすぎると寝ている間に上手く寝返りを打てない。寝返りを打てないと、後頭部の一部に血がたまる・負担が集中する・・といった問題が発生し、これも肩こりや筋肉の疲れを引き起こすのだという。ふかふかだから良い・低反発の枕だから良い、というものではないのだそうだ。


枕を変えると、ただそれだけで、筋肉の緊張が取れ、肩こりが解消したり、ぐっすり眠れるようになる人も珍しくないのだそうで。


人間は、ほんのちょっとした差でも大きな変化を受けるものなのだなあ、と改めて思います。


↓肩こり解消枕(肩楽寝)
肩こり解消枕


↓筋肉の硬さを調べる筋硬度計
筋硬度計




この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1405