アクセス解析
2008年7月17日

犯罪件数は減少傾向?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 07. ニュース
今年上半期(1~6月)に全国の警察が認知した刑法犯は、昨年同期に比べ5・0%減の87万9208件で、上半期では6年連続の減少となったことが10日、警察庁のまとめで分かった。大半の罪種で減少傾向だったが、2年連続で減っていた知能犯は6・9%の増加に転じた。なかでも詐欺は3万4314件で昨年同期比5・1%の増で、振り込め詐欺の増加が詐欺全体の認知件数を押し上げたとみられる。


昨日もバスジャック事件が起こり、なんだかどんどん治安が悪くなっているような気がする日本ですが、でも、実際には犯罪件数は減少傾向であるという調査結果が今週の始めぐらいにニュースになっていました。


振り込め詐欺がいまだ増加傾向。殺人こそ何十件か増えましたが、それ以外の犯罪はほとんど減っています。


テレビのニュースを見ていると、朝から晩まで悪いニュースばっかりやっているので、なんだか世の中はどんどん悪くなっている気がしますが、実際には昔の方が遥かにひどくて、今は悪化どころか、良くなっている、というのが実情のようです。


不景気もいまや心理的なものが最も大きな影響を与えると言われており、最近の将来への不透明感というのも、メディアなどが日々悪い情報を流していることが、人の意識に影響を与え、結果、現実に反映しているのかもしれません。


「世の中、どんどん良くなっている」という情報をもっと積極的に流せば、人々の意識に良い影響を与えていくのではないかなあ、ということを時々思ったりする次第です。


思考は現実化する


思考は現実化する―アクション・マニュアル、索引つき



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1409