アクセス解析
2008年9月 1日

シャルパンティエ効果とは

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 02. 心理

同じ重さのものでも、イメージによって軽い・重いという判断が変わってしまう心理現象を「シャルパンティエ効果」という。


例えば、10キロのダンベルと、10キロのダンボール。どちらも重さはおなじだけれど、なんだか10キロのダンボールの方が軽いような感じがしてしまう。このような心理のことを指す。


商品の小ささを表現するときに硬貨と並べてみたり、建物の広さを表現するときに東京ドーム何個分という言い方をするが、これは実際の数字よりも、イメージで訴えかけた方が、より相手に良い印象を与えるためにやっている。


こういうことを知っておくのも良いかもしれない。


この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1422