アクセス解析
2009年1月 6日

日本経済は・・・

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3

今年は世界的にも「経済問題」がもっとも多くの人の関心を集めることになりそうです。日本でも、毎日のようにテレビ等で「派遣切り」などの経済問題の話題が飛び交っています。


ただ・・・日本の場合は、アメリカ発の金融恐慌による問題というよりも、どうも自分で自分の首を絞めるようなことばかりして苦しんでいるような気もしますが・・。


ベンチャーなんかうさんくさい、といってライブドア事件をきっかけに、ベンチャーブームを叩き潰しました。


介護報酬をおもいっきり削って介護事業者を苦しめる状況を作り、なんとか収益をあげるために違法な行為もせざるを得ない状況に追い込んだ上で、一線を踏み越えたグッドウィルなどの業者を叩き潰しました。おかげで、多くの人に介護事業には夢も人生も託す価値がない、と思わせるように仕向けました。


建築基準法を改正して、不必要なほど厳しい法律を作ることで建築・建設業界に官製不況を作り出しました。


消費者金融、派遣業・・・ちょっと目に付くと、叩き潰しています。なんでも、今度はインターネットで薬を販売するのを規制して、インターネットで薬関係を販売できなくさせようとしているのだそうです。(コンビニなどで風邪薬等を販売できるようにしたのに、インターネットには真逆の規制をかけるつもりなようです。)


理由はいろいろあるでしょうが、後のことは考えず目の前の問題だけとりあえず叩いとけ、という安易な発想と、規制さえしておけば問題が起こったときの言い訳になる・・・という思考が、こういった状況を引き起こしているような気がしないでもないです。


・・・・あと、「金融なんて虚業だ。ものづくりこそ、地に足が着いていて素晴らしい」


・・・と、したり顔でこう言っていた人も少なくありませんでしたが、金融がこけたら製造業も一緒にこけてしまいました。製造業も、結局、金融が作り出していたバブルのおかげで潤っていたに過ぎないことが明らかになり、しかも、今の派遣切りなどの問題はその「ものづくり」に携わっている企業が中心になって作り出しています。結局、この「ものづくり万歳」という言い分も、随分、いい加減なものだったようです。


麻生くんをはじめ、政治もボロボロで、一見、いいところなしの状況です。あんまり救いがないような・・・。


でも、こういうときこそ、次につながる芽が生まれるものだといいます。しかも、日本はまだまだ世界有数の技術やらアイデアやらもたくさん持ってるし、国民の資産も1500兆以上あるなど、有利なポイントもたくさんあります。


あとは、気持ちさえしっかり持てばなんとかなりそう・・・な気も・・。


ま、周りの「大変だ!大変だ!」という言葉に慌てふためくのではなく、自分が出来ることを一つ一つ着実にこなしていけば、良い状況を作り出していけるのではないか、と思ったりもする・・・そんな年始めであります。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1451