アクセス解析
2009年6月29日

時間を意識すると、ゆっくりに感じる。

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 02. 心理

遊びに行ったりして、楽しいときなどは時間が経つのが早く感じるが、人を待っているときとか渋滞に巻き込まれたときなどは、非常に時間が経つのが遅くて、なんども時計を見直したりしてしまうことがある。


特に、時間を意識してなんども時計を見たりするときは、通常よりも時間が流れるのが遅いように感じてしまうという性質を人は持っているようだ。


・・・この特性を上手く使うと、実は以外に使えるかもしれない。


慌てているときなどは事故や失敗を犯しやすくなるというが、そういう時は数字を数えたりしてみると、時間の流れがゆっくりに感じられて落ち着くことが出来るかもしれない。


日本のサッカー選手はゴール前に来ると、慌ててしまい、得点機会を失うということが珍しくないが、ゴール前で数字を数えたりして時間を意識すれば、時間の流れがゆっくりになり、多少落ち着いてプレーできるようになるかもしれない。


こういう性質を意識して利用してみると、身近なところでも実は意外と役立つことがあるのではないでしょうか?



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1496