アクセス解析
2009年7月13日

ガンの最新治療とか・・・

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3

ふと、ガンのことを調べてみたら、最近は、いろいろな治療法があることを知る。


以前は(というか今も)、ガンの治療法は「がん細胞の切除」「放射線によってガン細胞を殺す。」「抗がん剤によって、ガン細胞を殺し、転移を防ぐ」という方法がメインだった。


ただ「切除」は体を切り刻むために体への負担が大きいし、放射線治療はがん細胞よりも、その手前の皮膚などへのダメージが大きくなるという問題があるし、抗がん剤にいたってはがん細胞だけではなく、他の体の細胞を傷つけるために、髪が抜け落ちたり、気分が悪くなって吐き気がしたり、体力を奪っていく・・・というも問題があった。


今は、血管内治療といって、細いカテーテルを血管に入れてガン細胞まで伸ばしてそのがん細胞とそのがん細胞に栄養をおくっている血管に集中的に薬を噴射してがん細胞を殺す治療法があったり、粒子線治療という、周りの細胞を傷つけずピンポイントでがん細胞だけをやっつける放射線治療の一歩先を行く技術があったり、マークした細胞のみに効く抗がん剤のようなものが開発中だったり、一部では有名な天仙液のような体の免疫力を高めたりする漢方治療や、同じく免疫力を高める刺絡療法・経絡療法のような針治療のようなものもあったりする。(ただし、こういった療法は治験例が少ないこともあり、治療費がこれまでよりも高かったりする。体への負担は少ないのでこちらの方が全然良いような気はするのだが・・・)


私が顔面神経麻痺を発症したとき、意外と効果的な治療法がないということを知って結構がっかりしたこともあったが、ガンなどもまだこれは良い!という方法が確立しておらず、かえって治療を受けることで体がダメージを受けることさえ珍しくないのだそうだ。


技術は日々進歩しているが、こういった治療法は一日も早くレベルアップして、普及されることが望まれるなあ・・・なんてことをふと思ったりした次第。




この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1498