アクセス解析
2010年1月 9日

温暖化じゃなくて寒冷化!?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3
「暖冬で日本海側の雪は少ない」(気象庁)と予想されていた今冬だが、平年並みの寒さが続き、4年ぶりの大雪となっている。日本付近に寒気が流れ込みやすい上空の気圧配置が続いていることが主な原因で、気象庁は「予想外だった」と説明する。夏に発生したエルニーニョ現象が予想に反して顕著でないことも影響しているといい、「平成18年豪雪」以来の豪雪となる恐れも出てきた。


二酸化炭素を減らして温暖化対策!ということが言われていますが、二酸化炭素が増えて温暖化すると海底の水の流れが変わり、まわりまわって、最終的には地球は寒冷化するのだとか。ヨーロッパにも日本にも寒波がやってきているのを見ると、そうなのかも・・・と思ったりする。


ツバルが沈むのは海面が上昇しているからではなく、もともとさんご礁の上に土を盛っただけの島だからだ、とか、ヒマラヤの頂上などの雪が減っているのは気温の上昇ではなく乾燥によるものだ、とか、知らないと勘違いしそうな情報は多いので、騙されないためにも知っておくことは重要だと思う。


ただ、だから環境対策はムダでやる必要はない、とは思わないので、環境対応はどんどん進めて、無駄なエネルギーを使わないようすることはどんどんやってくれ、とは思います・・。


しかし、天気予報というはまだまだレベルが低いんですね・・。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1540