アクセス解析
2010年4月20日

早期学習より親力

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 17. 雑記3
小学校入学前に読み書きを習得する子どもは多い。その風潮に警鐘を鳴らす研究が報告されている。本質的な学力を決めるのは親子関係だという


最近は、幼児期からの早期教育に注目が集まっていますが、「やらせる」感が強いと子供に強いストレスを与えて逆効果にもなることもある。収入が低い家庭よりも高い家庭の方が進学率が高くなるなどといわれているが、一番影響を与えるのは収入そのものよりも、親の姿勢・子供の関わり方である。


・・・といった話。いちいちその通り。「5歳で神童、10歳で天才、15歳で秀才、20歳過ぎれば普通の人」なんて言葉もありますが、必ずしも早期にはじめれば良いというものでもないというのはもっともな話です。


ただ、集中力が続かない子供や自分の感情のままに動く子も増えて学級崩壊なども起こっているので、まったくしないのも問題があるし、子供との関わり方や姿勢が問われるというのは確かにもっともな話でしょう。


教育って結構難しいです・・。


「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること


「親力」で決まる ! 子供を伸ばすために親にできること



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1565