アクセス解析
2010年6月30日

ザ・てきとーマニフェスト

てきとーに思いついたり、聞きかじったことを・・。


(経済活性化策・財政改革)
・消費税は10%~15%に増税する。同時に、法人税・所得税は実行税率を30%より下げ、20%代にする。


(間接税の主体の方が景気の変動を受けにくいため財源の安定につながる。また、少子化や若者世代の所得減少にともなって直接税が増える可能性は今後見込めないため間接税主体にする。法人税が減ると企業にとっても有利なため、企業活動にとって大幅プラス。所得税が減れば、家計にもプラス。企業の国外脱出を減らしたり、海外企業を呼び込める可能性も増大する。)


・当然、消費税を引き上げると消費意欲が一時的に大幅に減退し経済をかなり冷やすため、増税と同時に一人当たり30万円程度の定額給付金を配る(夫婦、子供2人の家庭なら120万円ゲット)。財源は国債の発行などではなく、政府発行紙幣・・・つまり、お金を刷ることによって調達。デフレギャップが現在30兆円ほどある上、消費税増税によってこれが拡大するため、ある程度、大きな金額を増刷してもハイパーインフレが発生する可能性は極めて少ないので、この方法が使えるはず・・。)


なお、菅直人総理大臣の言うように消費税を上げて、その増収分を介護産業などにまわせば景気回復して万々歳・・・という理論は無理ありすぎるのでまったく使い物にならないどころか、経済の大失速だけで終わる。少なくとも、どの産業にも等しく恩恵がいきわたるような方法をとらないとまったく問題外だろう。あと、少なくとも増税と痛税感を弱める政策は同時にとらないとダメ。


・消費税は1%上がろうと、10%上がろうと、どちらにしても消費を冷やすので、毎年1%ずつ上げるということをすると経済不況が長引く恐れがあるので、上げるなら一気に上げる。


・消費税は売上1000万円を超えないとかかららない、というか商品販売時に消費税を受け取っていても収めなくても良い(益税)。これを5~6百万に引き下げる。それによって多少なりとも増収を狙う。


・直接税主体ではなく、間接税主体にするなら、今まで税金の減少を抑えるために行われていた様々な規制を大幅に緩和することができる。例えば、接待交際費はある金額を超えると税金が増える仕組みだったが、逆にある程度使わないと税金が増えるようにする。


結果、接待交際費などが大幅に増えて企業の利益が減り、結果、法人税収入が減ることになっても、消費は増えて消費税は増収となるので問題ない。お金が使われるようになるので経済の活性化にもつながる。減価償却も償却期間を大幅に減らして、企業活動にとってプラス効果を発生するように仕向ける・・といったことができる。こういったことが直接税主体をやめるとやりやすくなる。



 
・予定納税制度は廃止、または事前に納税する金額を大幅に減らす。最終的に国などに入ってくる金額は同じなのに、企業にとっては、資金繰りが改善する効果が見込めるので、非常に意味がある。


・固定資産税はちょっぴり増税。金融資産と違って、固定資産は海外にはもっていけないので増税が簡単。固定資産税は地方自治体の収入になるので、地方財政にとってもプラス。固定資産をたくさん持っている人はもっていない人よりも、基本的に富裕層の場合が多いので、負担感は少ないと思われる(そうとばかりもいえないのでこれは微増な感じで。)


・社会保険料(特に年金関係)は、月収が150万だかを越えると、納める金額はそれ以上増えない仕組みになっている(上限がある)が、この上限を廃止する。税金と同様、収入が多くなればそれにともなって多く納めてもらう。月収が数百万の人にとっては負担が増えても、急に生活が苦しくなる・・・ということもないので、ありだと思う。ま、保険・・じゃなくなるけど。これに関しては、累進制のような仕組みはとらず、フラットの率で問題ない。


・現在、企業や一般の人は国、都道府県、市町村にそれぞれ別々に確定申告や納税などをおこなっているが、一箇所に申請・納税すればすべて終わるように仕組みを変える(あとで国、都道府県、市町村にそれぞれに按分する形をとる。)社会保険関係も、年金や雇用保険などそれぞれバラバラに納めるのではなく、一箇所に納めればすべて手続きが終わるように仕組みを変える。納税者にとって便利。


未納者に対する取りたてもそれぞれがバラバラに行うのではなく、一つにまとめることで一回で済むし、それぞれが個別に人を雇う必要がなくなるので人件費が削減できる(つまり、税金の無駄遣いを減らせる。)


・特別会計を全面的に見直したり、現在、特別会計に計上されているものの20兆から30兆円分ぐらいの予算を一般会計に移す。道路財源や空港特別会計のように、余裕がありすぎる上に国会の審議も通らないような状況だと、無駄遣いし放題だったが、これを一般会計に移すことで、余分な予算は他の足りない分野にまわすことができるようになる。


国会の審議を経ない特別会計が一般会計の倍以上もある国は、先進国で日本だけ。


・現在、民主党がおこなっている事業仕分けのように、個別に公益法人や特別法人を審査するやり方だときりがないので、そもそも公益法人や特別法人に属している天下り役人の年収の上限は一律最大650万まで、のような規制を設定する。年収300万円時代なのでそれでも高めだが、今のように年収2000万以上がザラにいたり、莫大な退職金をとる人間が数多くいる状態は減らせる。過剰な福利厚生、ファミリー企業を作って抜け道を作ろうとする、などといったことが判明した場合は、懲罰的罰金をとるなどを行い、無意味な天下りや税金の無駄遣いを徹底的に減らす。


・国会議員は半分に減らす。その代わり、残った議員の公設秘書の数は今の3名から15~20名に増員する。数千名程度の専門知識をもった人間が新たに必要とされるようになるので、国家公務員、つまり官僚の中からかなりの人数がこちらに移動すると思われる。それに伴って、官僚の数自体も削減する。今の、議員立法する方が珍しい、という状態から、本来あるべき選挙で選ばれた議員こそが立法を行う、という状態に持って行くことで、官僚や役所にとってだけ都合が良い法律が作られるのを防ぐ。


(教育)
・現在の教育制度はプロセス管理型(国語は○時間以上、理科は△時間以上受ける・・・といった仕組み)だが、この方法だと授業の内容を理解していようがいまいが○時間以上授業をうければ進学できる。


この制度をやめて、基本的にパフォーマンス管理型(○○点以上の成績をとること)に変更する。理解がきちんとされているのが確認されれば、飛び級もできる。習熟度別のクラス分けも可能であり、今のわかっている子とわかっていない子が同じ授業を受けるために、わかっていない子はますますわからなくなり、わかっている子はわかっていない子に足を引っ張られて前に進めない、という状態を変えることができる。


・クラスは30名以下とする。担任、副担任の2人が一つのクラスを受け持つ方式とする。これによって子供ひとりひとりによりきめ細かく対応できるようにすると同時に、プリント作成など授業以外の雑務を2人で手分けしながらできるようにして教師一人当たりの負担も減らすようにする。


(農業)
・現在、多くの農家が苦しんでいる最大の理由は、補助金の額が少ないからではなく、農家の規模が小さすぎる上に、自分で販路を見出していないことにある。そこで、現在の補助金制度・個別補償制度などは基本的に廃止し、大規模化を目指したり、販路を積極的に開拓していこうとする動きに対して補助金を出す形にする。これによって大規模化・効率化をすすめ、一人当たりの生産性を高めるようにする。


(ちなみに、日本は自給率が低いと思われているが実際にはかなり高い。実は「日本は世界5位の農業大国 」だそうな。(世界でもまったく使われていないカロリー計算方式をとったり、農作物を作っても自分で消費する場合は、自給とはみなさない?というやり方をしているため、自給率が低いと多くの人は信じ込まされている。)


世界的には人口は増える一方なので、農業の大規模化・効率化が行われ、輸出にも力を入れるようになれば成長産業になる可能性はきわめて高い。)


(放送)
・NHK改革。現在、TVを買うと、受信料を払え!といきなり家に押しかけてくる方式は時代に合わなくなっているので、廃止する。普通の有料放送に変更する。現在の受信契約は一般的な有料放送契約にそのまま移行。いつでも契約・解除ができるようにする。契約していない人は、スクランブル放送となり見られないようにする。緊急時や、語学放送のようにテキストがバカ売れしたり、DVDが売れる韓流ドラマのような番組はスクランブル放送をやめて普通に放映する形にする。


もちろん、この方式にすると受信契約をやめる人間が増大し、地方など難視聴地域の放送施設を維持したり、また、災害時に情報を流すための費用を捻出できない可能性がある。そこで、テレビチューナー搭載機器(テレビ、ハードディスクレコーダー、ケータイ、カーナビ、パソコンなど)の販売時点で1000円から2000円程度を徴収する形にする。年間、数千万台が売れているので、これだけで年間数百億から1000億近いお金が入る。これで、こういった施設を維持する費用は十分に捻り出せる。


・現在の、地方ごとに放送局の免許を出す仕組みなどは、インターネット時代には全く無意味なので廃止する。


・電波オークションの実施。


・・・・うわっ、思いつきで書いていたら、結構な数になってしまった。続きはまたそのうち。


この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1585