アクセス解析
2010年10月15日

せどってみます?

この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ この記事のカテゴリ: 03. BOOK

大金持ちも驚いた105円という大金


大金持ちも驚いた105円という大金


元マイクロソフト社長にして、インスパイア創業者の成毛氏がブログで紹介していた本。予備校の講師をしていた人が、ローン返済のために手持ちの本をアマゾンのマーケットプレイスで売ったことをきっかけに「せどり」をはじめ、1年で月商100万を越すようになった様を書いた本。


著者は予備校の講師であるとともに、過去に何冊も本を出版しているだけに非常に文章が上手く、著者が借金で苦しんでいることが読んでいる人に重苦しい感じを与えることもなく、かといって、この手の本にありがちな「こうすれば儲かる」的な煽りや自慢があるわけでもなく、非常に読みやすい感じの文章となっています。


「ベストセラーは売れない」「書き込みOK」などといったせどりの知識だけでなく、パソコンに詳しいわけでもない58歳のおじさんが、こつこつと1冊数百円(たまに数千円)ずつの利益を得ながら、月商100万を越すようになった過程がいろいろと書かれていて非常に面白かったです。


これだけ詳しく書いてあると自分でもやりたくなる人がいると思いますが、思っている以上に大変だし、時間と資金をある程度使わないととても大きな売上に持っていくことは難しいので、専業でできない人はせいぜい月5万~10万ぐらい(運がよければ30万ぐらい?)しかいけないのでは?ということ。それに孤独な作業なので、特に若い人はしない方がよいと思うといったことも・・・。


ま、いろいろと役に立つことが書いてあるし、面白い本だと思いました。



この記事をTwitterに投稿するはてなにブックマーク はてなにブックマーク│ posted by  okmt


トラックバックURL
http://blog.d-fantasista.net/mt77/mt-tb.cgi/1614